ハカセのタイラバ釣行記Part 1

2018/07/20

最近、リリースサイズのアオリイカしか釣れていない、ハカセです。

 

今回は、先月購入したタイラバ用ロッドに入魂すべく、お義父さんの船で、大瀬戸の柳港より出船して 、崎戸島沖に行きました。

今回は、他のメンバーが用事があるとの事で、私とお義父さんと2人での釣りになりました。

 

天気は晴れ、潮は大潮後の中潮2日目で

風は弱く、ほとんどベタ凪に近い状態でした。

 

今回使用したタイラバは

ジャッカルの鉛式ビンビン玉スライドの赤金ヘッド

のネクタイは赤を使いました。

最初のポイントに到着し、深さが50メートルと指示を受け1投目を投入しました。

すると、30メートル位沈めた時に、フォールが止まった為、軽く巻いたら、グググと引き込むアタリが、

そう、最初のフォール中に真鯛が食って来ました。

そして釣り上げた真鯛がこちら↓

ネクタイの9割位を咥え込んでました。

これを釣り上げた後、アタリは、あるが乗らない状態が続き、アタリが無くなったタイミングでさらに沖の方に移動しました。

場所を移動し釣り再開し、1投目で今度はボトムから10メートル位巻き上げた時に真鯛が食って来ました。

今度は、ちゃんと乗せることができ、無事釣り上げました

その真鯛がこちら↓

その後、お義父さんが真鯛を1匹、

私が、ウッカリカサゴとフグ、30センチ位の真鯛を1匹を釣り上げました。

 

その後2人とも、アタリが無くなり、

お義父さんが、午後から用事があるとの事で、釣りを辞め港に帰港しました。

 

今回釣った真鯛で1番デカいのがこちら↓

私が一番最初に釣った真鯛が1番大きく46センチでした。

 

次回は、50センチオーバーの大鯛を釣りたいです。

 

お義父さん、

午前中だけでしたが、船を出して頂きありがとうございました。

 

 

 



-ブログ
-, , , , , , ,